労働組合って何?

法律で保証された、会社と対等に話し合える組織です

労働組合とは、ひとことにまとめると「従業員と会社が対等な立場に立って」よりよい職場づくりを目指す組織です。

会社に不満があったり、明らかな不法行為が行われていたらどうしますか?あるいは、『こうすればもっと良い仕事ができるのに。』という前向きな不満をお持ちかもしれませんね。

それを個人的に会社の上司と話し合ったとしても、最後には丸め込まれてしまうことが多いことでしょう。ひどい時には、それを理由にクビになることすらあります。本来こんなことは許されてはいけないことなのですが。

そこで、労働組合という組織で行動することになります。労働組合は、その存在と活動が法律で保証されていて、さらに労働者と雇用主が「対等な立場」にあることも保証されています。

法律で保証されているって、どういうこと?

労働組合の結成や加入は自由です。

たまに、労働組合を作ることを会社に申請しなきゃいけない、会社の許可を受けなきゃいけない、と思っておられる方がいらっしゃいます。でもこれはまちがい。いつでも、あなたの意志で結成・加入すればOKです。誰の指示も許可も受ける必要はありません。

ただし、結成・加入を会社に通知するまでは、会社に分からないように慎重に進める必要はあります。決して反社会的な行動をする団体ではないのですが、会社側は労働組合づくりを邪魔してくるケースが多いからです。

会社が労働組合に対して妨害することが禁止されています。

組合に入ろうとしている人に対して 『労働組合に入ったってろくなことがないぞ』 『労働組合に入らなければ●●してあげるよ』 といった加入の阻害や、組合員に対する嫌がらせは、不当労働行為と言って法律で禁止されています。

それでもやはり、そんなことをしてくる会社があるのも事実。そんな時は不当労働行為であることをきっちり伝えましょう。また組織としても強い抗議を行い、それで改まらなければ法に則って行動することになります。

会社が労働組合に対し便宜をはかることも禁止されています。

たとえば、活動費の足しにと言ってお金を渡したり、ということが禁止されています。

これはどういうことかというと、『労働組合が会社に操作されることを防止』 しているのです。『寸志』 のようなものを受け取ってしまうと、つい変な恩義のような情がわいてくることがありますよね。会社はそのことを利用して、会社の言うことを聞く労働組合にしてしまおうと考えることがあります。

なので行為そのものを禁止して、労働組合がきちんと労働組合として機能できるようにしているのです。

どうやったら結成・加入できるの?

さきに書いたように、法律上は特に難しいこともなく比較的簡単に結成したり加入したりできます。

しかし、多くの方がそこに至るまでのノウハウをお持ちでないのも現実ですし、一時の感情と勢いだけで行動することはお勧めできません。ぜひ、鹿児島県労連にご相談ください。職場内でひとりぼっちでお悩みの方でも、解決に向かって行動できる道があるのです。

ひとりで悩まず、まずお電話を。相談は無料、秘密は厳守いたします。